腸内フローラサプリ特集〜腸内環境を改善したい方必見〜

腸内フローラサプリ特集〜腸内環境を改善したい方必見〜

赤ちゃんの腸内フローラと母親の腸内フローラ

 

腸内細菌の様子を指す「腸内フローラ」という言葉があります。腸の中の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを指します。胎児は腸内は完全無菌状態に保たれています。そして生まれてからは様々な細菌が住み始めるようになるのです。外からいろいろな細菌が入ってくることにより、それが腸内に住みつくというわけです。

 

腸内フローラは人によって違っています。全く同じ人間は一人もいないと言われているほどです。指紋のように腸内フローラで個人識別が出来ちゃうのです。子供の腸内フローラの特徴として面白いことがあります。それは子供の腸内フローラが母親に似ているという特徴があることです。父親に似ることはまず無いそうです。ヤクルト研究所の実験によって、母子のビフィズス菌の遺伝子は75%の確率で一致するということが分かりました。

 

子供が母親の腸内細菌を引き継ぐのはどうしてでしょうか。それは出産に関係があります。赤ちゃんは産道を通る時に腸内細菌に感染します。それがそのまま腸内に住みつくと考えられているのです。出産時に思わずうんちが出てしまうこともありますが、これも腸内細菌が移行する原因と考えられています。

 

それでは帝王切開の場合はどうでしょうか。この場合は産道を通らないので似ることはありません。母親の腸内細菌に接触しないからです。このような赤ちゃんはどうやって腸内フローラを作るのでしょうか。それはその時の空気やとりあげた医師や看護師などから感染すると考えられています。

 

腸内フローラと酒粕

 

腸内フローラを良い状態に保つには甘酒が良いという話があります。酒粕の力が腸内環境を良くしてくれるというのです。子供の頃にお母さんが作ってくれた甘酒の味を覚えている人も多いかと思います。子供でも飲める甘酒。それに含まれている酒粕は発酵食品です。

 

発酵食品にはビフィズス菌や乳酸菌が含まれていますので腸内環境に良いのです。また水溶性食物繊維やオリゴ糖もあるので、それらは腸内にいる善玉菌の良い餌となるのです。餌がたくさんあると善玉菌が元気になり増殖を始めます。すると腸内環境がどんどん良くなっていくことになります。

 

酒粕の健康効果を見ていきましょう。これには美肌効果に欠かせないアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群、ミネラルが含まれています。とても栄養豊富であるため、食べる点滴とも呼ばれるほどなのです。そしてレジスタントプロテインと呼ばれる油分を吸着する働きもあります。これにより余分な脂を体外に出すことが出来ます。話題になっているキトサンといい勝負をするほどの効果です。油料理をたくさん食べてしまう人には特におすすめです。

 

酒粕の簡単な摂取方法はやはり甘酒ですね。寒い日に飲めば体の芯から温まります。酒粕を溶かして砂糖と塩で味を整えるだけで気軽に飲めますよ。オリゴ糖で甘味をつけるのもおすすめです。また様々な食材を使って酒かす汁を作れば夕飯のおかずにもなりますね。

 

腸内フローラと健康

 

腸内フローラというのは腸内で細菌がまとまっている部分のことを言いますが、その部位とダイエットには深い関係性があります。体質というものには個人差があります。同じものを食べても太る人と太らない人がいたり、同じ生活習慣でも病気になる人もいればならない人もいます。この違いを体質で片付ける方が多いですが、これは腸内フローラの違いによるものです。腸内の細菌の力が病気や肥満などに関係します

 

まず腸内というのは100種類以上、100兆個以上の細菌が常在しております。基本的に身体には菌が繁殖していますが、汚いとかではなく必要な菌もあるということを理解しておきましょう。除菌するために薬用のシャンプーや石鹸などを使うと必要な菌まで取り除いてしまう可能性がありますので、危険だとも言われています。

 

さらに子供にまでそれをしてしまうと大人になってから免疫力がつかず菌に弱い体質になってしまいますので、子育てする上で気をつけておかなければなりません。実は強い病原菌などに感染して病気を発症したという方の家庭環境は、潔癖な家庭と多いとも言われています。清潔にするのはいいですが度を越えるとよくないです。

 

では腸内フローラとダイエットの関係性ですが、まず腸内フローラの状態が良い方は便秘などにもならずにきちんと消化機能が働いています。菌のバランスが整っているという事になります。これはヨーグルトなどのビフィズス菌を含めた善玉菌が多いことが原因になります。ヨーグルトが便秘にいいというのはこの理由です。

 

また脂物の食材を良く食べたり、ストレスや生活習慣が悪かったりすると悪玉菌が増えます。悪玉菌が増えると肥満になりやすくなります。腸内フローラの菌のバランスによって体型にも影響するということを知っていれば、ダイエットにも利用することが出来るでしょう。

 

腸内フローラの老化

 

年をとると体のあちこちに老化現象が見られるようになります。腸の中にも老化現象は起こり腸内フローラは年齢と共に変化していきます。腸内フローラを良い状態にしておくためには、何に気をつければ良いのでしょうか。ここでは腸内フローラと年齢の関係について説明します。

 

腸内フローラというのは腸の中に生息している細菌類の様子です。それは人によって違っているものであり、生活習慣や環境、ストレスの有無などいろいろな要因が影響してきます。生まれたての赤ちゃんの腸内には善玉菌がたくさんいるため、赤ちゃんの便秘は滅多にあることでありません。特に母乳育児では腸内の90%が善玉菌になるといわれています。

 

粉ミルクで育てられていたって善玉菌が有利な環境になることは間違いありません。ですがまれに便秘になる時もあります。心配なら受診することをおすすめします。離乳食を始めるころから腸内フローラは大人と似てきます。ビフィズス菌が減って悪玉菌が増えてきます。このことにより離乳食時には便秘になる子供が多くいます。腸内環境の乱れは便秘を招くからです。

 

年齢が重なるにつれ善玉菌は減っていきます。老人になる頃には腸内細菌自体の数が減って悪玉菌が増えてきます。大人になると善玉菌が減る原因には乱れた食生活も挙げられます。またストレスがかかることでも腸内環境は乱れます。日頃から食物繊維を多く取るなどして、腸内環境を意識した食生活をすることが大切です。

 

腸内フローラは甘酒で

 

甘酒を飲んだことはありますでしょうか。実は甘酒というのは飲む点滴といわれているくらい栄養価が非常に高い飲み物になります。必須アミノ酸も含まれており、実は甘酒によって薄毛や抜け毛の予防にもなります。これだけの栄養価がありますので、江戸時代では夏バテ防止として飲まれていました。

 

最近では冬に売っているというイメージがあるので夏に買うということはないでしょう。俳句などでも甘酒というのは夏の季語として用いられるということも覚えておきましょう。冬くらいにしか飲まないという方こそ、甘酒にどれだけの効果があるのかを覚えておくといいでしょう。

 

甘酒にも色々と製造方法がありますが、今回の甘酒麹菌で発酵させて製造されたものを指しています。どうしてなのかというと実は発酵する際に酵素が生み出されますが、その酵素の数は100種以上となります。この酵素が力を発揮して効果を得ることが出来るからです。

 

もちろんそれだけではなくビタミンやミネラルも含まれており補酵素の役割も果たします。アミノ酸も豊富ですので薄毛の方にも嬉しい効果が出てくる可能性もあります。アミノ酸の中でも体内で生成することが出来ない必須アミノ酸が9種も含まれており、飲む育毛剤という方もいます。

 

また女性には嬉しい麹酸が含まれており、活性酸素を除去してアンチエイジング効果があります。つまり女性にとっても嬉しい効果があるということになります。このように、多くの方に効果を期待することが出来るくらい栄養価が高いので日常的に飲むようにしてみてはいかがでしょうか。1ヶ月程度継続して飲むとよいと言われています。

 

効率よく運動や酵素でダイエットをしていくためには

 

ダイエットをしていくためには食事についても考えなくてはなりませんし、運動もしていかなくてはなりません。効率よくダイエットをするのであれば、どちらか片方だけしていればいいというわけではありません。効率よく痩せたいのでしたら、運動をして痩せにくいタイミングもあれば、痩せやすいタイミングもあるという事をしっておくとよいでしょう。

 

ある程度長く、自分のペースで有酸素運動をしていくとダイエットをしやすくなるということは知っている人も多いと思いますが、運動をする時間帯によって脂肪の燃焼スピードって違うんです。運動をするのであれば、食事をしてからではなく空腹のときに行うようにしたほうが効率よいと言われています。

 

食後は体の中の消化酵素が、食事によって取り込まれた食べ物を消化していきます。そのため、運動をしても効率よく脂肪を代謝していくことができないのです。むしろ、消化しなくてはならないのに運動によってエネルギーを使ってしまうと、代謝の効率は悪く、食べ物も消化されにくくなってしまいます。

 

お腹が空いているときに運動をすることによって、代謝が活発になり脂肪を燃焼しやすくすることが出来ます。もっと言えば、朝食前に有酸素運動を数十分程度行うようにした方がいいです。朝起きたばかりの頃というのは、夕食も消化された状態であるため、一番効率よく脂肪をエネルギーに変えやすく出来るのです。

 

早く起きるのは大変かもしれませんが、習慣づけば苦痛になることはありません。また、朝早くに運動をすることによって、夜もスムーズに睡眠に入ることが出来るようになりますし、頭をスッキリするように私は感じました。運動後しばらくは代謝UPの状態が続くと言いますから、そのことからも朝の運動は効率がよいのです。

 

さらにこちらをプラス! 痩せ菌が増えるサプリとは?

 

便秘の方は薄毛が多いのはなぜか

 

薄毛に悩んでいる男性というのは非常に多くいらっしゃいます。薄毛になれば当然老けて見られます。人によってはしょうがないと思っている方もいます。実は腸内環境と関わりがあります。最近では男性だけではなく女性も脱毛などを気にする方がいらっしゃいますが、原因としてはストレス、男性ホルモン、遺伝といったものが考えられます。

 

色々な原因がありますが、現在ではそれぞれの薄毛治療というものもあります。気にするようになった年代は、20代、30代からとバラバラですが、幾つであっても薄毛で病院に行くというのも抵抗があるという方も多いと言われています。可能であれば自分でケアをしたいと考えているとは思いますので、薄毛を改善して育毛していく方法について考えてみましょう。

 

遺伝以外にも薄毛の原因というのはありますので、家系に薄毛の人がいなくても薄毛になってしまうことはあります。ストレスや過度のダイエット、紫外線や喫煙の影響で薄くなってしまうこともあります。さらに腸と薄毛にも関わりがあり、腸の不調によって薄毛になってしまうことがあり、便秘になることによって薄毛と関わることもあります。

 

便秘によくなる方もいるかもしれません。薄毛と関わりがありますので便秘を放置するのではなく、出来る改善するように心がけてみましょう。方法は結構色々とあります。自分に合う方法を探してみましょう。また生活習慣を整えるということも大事になります。

 

サプリでも改善できます 腸内環境を整えるサプリはこちら

 

ブルーベリーで食物繊維を

 

私たちの体を作り、生活を支えている栄養素を5大栄養素と呼びますが、第6の栄養素として注目されているのが食物繊維です。食物繊維がどうして重要なものと考えられているかといえば、食物繊維は人間の体内において消化や吸収ができないもので実際には栄養はないのですが、5大栄養素とは全く異なるはたらきをしてくれるからです。

 

すなわち、体内で便を作るもとになってくれたり、消化や吸収をコントロールしてくれたり、体内の老廃物をかきだして腸内をきれいにしてくれたり、善玉菌のえさとなって腸内環境を整えてくれる役割があるのです。そもそも食物繊維というのは2種類あって、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に分けられます。この両方の食物繊維をバランスよくとることが体の健康のためには欠かせないと考えられています。

 

食物繊維を多く含む食品はバナナや野菜、フルーツ、海藻などです。バナナには大量の食物繊維が含まれていて、健康効果も高いものですが、同じ量であれば実はブルーベリーの方が多くの食物繊維を含んでいます。ブルーベリーの食物繊維の量はフルーツの中でも突出しているので、ブルーベリーを食べることによって食物繊維を必要な分摂取するのが簡単になります。

 

ただ、ブルーベリーばかりを食べるのは栄養バランスを乱す原因にもなりますから、基本は栄養バランスの良い食事で、そのためにも洋食よりも和食を中心にして食事をすることが重要です。

 

食物繊維はサプリでも! https://xn--vck8crc5c5567boeon5an03l.net/

更新履歴

メニュー